ダッジラムバンの納車まであと一週間

クルマ屋さんにダッジラムが届いたので見に行ってきました。
1目でアメ車とわかるスタイル。まるでJRフレートライナーを思い出します(似てないか?)
新車並行物で、2003年最終モデル、リヤディスクブレーキ、エンジンはオプションのV8OHV、
5900cc、リヤはエアサスが入っています。内装はマジェスティックコンバージョン。
運転席、助手席は本革キャプテンシート、セカンド、サードはベンチフルフラットになる本革ベンチシート
GMCサファリと比べると一回り大きいかな、全長5300mm、幅2000mm、高さ2060mm

サファリは全長4980mm、幅1980mm、高さはハイルーフなのでこちらは高い、2200mm

ラムの運転した感想は、
まずは、運転席に座って座席が高い。パワーシートで調整しても駄目だった。
それと、サファリと違って窓が小さいので死角が多い。特に助手席は慣れるまでサイドカメラが必要かな。
走行ではエンジンが5900ccでトルクもあるので、アクセルを踏んだら踏んだだけ走る。ストレスを感じない走りである。ブレーキはサファリと同じく効きはよくなくじわっと効く感じ。
足回りはフロントが若干ローダウンしていて、リヤはエアーサスが入っている。
乗り心地は、リヤ軽くてふわふわした感じ。

サファリはというとV6 OHV 4300ccボーテックエンジンであるコンバージョンということで車重がありすぎるせいか、スタート時はアクセルをかなり踏み込まないと走っていかない。スピードが乗ってきたらすぐ信号でストップ。ブレーキも効きはよくない。(18年も乗ったので慣れましたけど。)

リヤから見てもアメリカン。メッキバンパーが光っていいね

リヤビューはサファリと違って軽く感じる。テールがセンターに付いているのがいい。

長さはサファリ1980mm、ダッジラム5300mmというものさほど変わらないが
ホイールベースがダッジラムの方があるので小回りが利かないが、高速安定性はいいね。
運転席からフロントバンパー先端までは、サファリが長いくボンネットが長い。
ダッジラムはボンネットが短くそれぶん室内が広いね。

ダッジラムは窓が小さい分運転席から外の見える範囲が少なく
車線変更、曲がる時が見づらい。サイドビューカメラが
必要かな?それとも慣れるかな。18年前にサファリを購入した時は右側が
全然見えなくて運転しずらいクルマと思ったが、そんな感じを久しぶりに思い出した。

こうやって2台並んでも生産中止となって
10年以上たっているのに年式を感じさせないアメ車は何かがあるね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です