オルタネーターが逝ったかな?

ドライブで自宅を出て1キロ位の所で、室内でピーと警告音が聞こえた。(多分これはヘッドアップディスプレーの異常時になる音でした)メーターパネルを見るとチェックゲージランプが点灯している走行しながら何だろうと考えるが、メーターを見ると電圧計が動いていない1番下っている状態。やばいヘッドアップディスプレーを電圧計に切りかえると、12ボルトジャスト これは発電してない。Uターンして自宅に何とか戻る事ができた。エンジンを切り再度エンジンを掛けて見ると電圧計はメーター読みで12ボルト位になった

部屋に戻り、アメリカRock auto にオルタネーターオーダーした。
送料込みで、16000円位安い。
後は待つのみ
今日20日まだオルタが届かないが、シカゴから成田に届いているみたい。
なので、まずオルタを外して置いて、ついでに以前購入していたテンショナーとアイドラプーリーそしてファンベルトの交換をしてた。
まずオルタネーターを外す
バッテリーのマイナス端子を外す
エアークリーナーに繋がっているダクトを外す
テンショナープーリーのセンターボルトに15
ミリにラチェットで回してファンベルトを外す
オイルゲージの筒を留めているボルトを外す(13ミリ)
15ミリのラチェットでオルタネーター下部のボルトを緩めるが、奥にナット(15ミリ)がついているので奥は供回りしないようにスパナで固定し外す。
オルタネーター上部ボルト(ここはボルトのみ)を15ミリで外す
オルタをあるていど引っ張りだして、裏側に付いているB端子ナット15ミリを外し、その隣のカプラーも外し、オルタを引っ張りだす。
これで外しは終了
この状態でテンショナーを外す


テンショナー下部のボルト9/16インチを右フェンダー内から手を伸ばして外す
テンショナー上部のボルト9/16インチを上から外すとイグニッションコイルとステーも外れるて邪魔になるので、針金で邪魔にならない所にしばる
テンショナー裏の長いボルトはディープソケットは長くて入らないので、15ミリのメガネで外すとテンショナー本体が外れる
アイドラプーリーを外す

15ミリソケットで反時計回りで簡単に外せます
ベアリングセンターに付いているカラーを外し新しいベアリングに挿す


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です