熱海旅行

今回は車中泊でもなく熱海の保養所に予約をいれての旅行で、自宅を8時出発予定で起きてすぐにスタンドで洗車と燃料補給をしに行く途中、メーターパネルに何か点灯?エンジンチェックランプでした。これで今日熱海まで行けるのか心配でしたが自宅に戻りネットを調べると、キーをON OFFを2回繰り返しON にすると、トラブルコード番号が距離計のデジタル出ると書いてあった。すげー診断機要らずだね。写真なしだが、診断結果が【0455】調べるとキャニスターから気化ガスが大量に漏れているとの事 スモールだと【0422】のトラブルコードらしく、キャニスターホースの亀裂等らしいが今回はラージと大きいらしいが気化ガスを燃やすか燃やさないかだけだと勝手な判断で、バッテリーマイナス端子を外してリセットした。(先にこのエンジンチェックランプは旅行から帰ってくるまでは点かなかったので一安心かな)
嫁さんを乗せて熱海に出発
まずは途中の掛川花鳥園に寄ることに東名高速掛川インター降りて10分かからない場所です。ここまで走行時間1時間30分で到着
夏休み最後ということもあったか予想よりも多くの人が見えました

ラムバンも線内に入ります

館内は数年前に行った富士花鳥園と同じ作りで、調べてみると同じグループみたいです。ですが、掛川の方が館内が明るく鳥が室内を自由に飛んでいて楽しめる所で鳥好きにはたまらないと思います。鳥の苦手な方は富士がいいかも

 ハシビロコウという鳥さんもいた

自由に飛んでますよ
ヘビクイワシのキックちゃん

お昼はバイキングなのでお腹一杯になりそうです

 とても綺麗ですね

食事して熱海にレッツゴーして無事到着。部屋から見る海と初島です

 部屋で一服して駅前に散策と予定に入れている食後のラーメン屋さんの場所を確認しに出発。見つけましたよ食べログで人気店の[雨風本舗]あまからほんぽありましたね。空いているので今からでも食べたい気分をおさえて後のお楽しみ

 熱海駅前平和通り商店街。坂はきついが左右にお店が一杯あって疲れも出ません

 保養所に戻り温泉に入って夕食を食べてビール1杯に抑えたけど、お腹一杯でラーメンまでは行けるかな?

 お腹一杯だけど来てしまいました。席は全部で7席しかなく15分ほど待ちました。店内は暑くドア全開にしてある

 暑い中でのラーメンこれまた熱い。スープの色が濃いが、意外とあっさりしていて、チャーシューが丁度良い方さで旨った。ご馳走様です

翌朝は熱海の海岸を散策。雲いきが怪しく遠くで雷がなっているよ

 熱海旅行も後は帰るのみで、ここで最後の落ちが新東名の乗り駿河沼津サービスエリアにて買い物をした。そのあとクルマに戻りキーを挿してキーを回すがカチといった後掛からないエンジンが掛からないし、電気が全て落ちてる。もちろんルームランプも点かない。
困りましたね。JAFには入っていないしな こんな時に役に立つのが自動車保険のロードサービス私は損保ジャパンに入っているのですが、電話してガイダンスに従ってピぽパすると保険会社から電話が掛かってきて素早い対応。電話して30分位で高速のパーキングまでレッカーで自動車屋さんが来てくれた。最初にジャンプスターターに繋げたけど掛からない。そうするとクルマ屋さんがダッジと聞いていたので大きいジャンプスターターを持ってきたのでそちらに繋ぎましょうと繋ぐが掛からないがスターターケーブルを繋ぎなおしたらエンジンが掛かってくれた。良かった。自動車屋さんが原因分かりましたよと、バッテリー端子+-でテスターをはかると12,7ボルトある。ターミナルで計ると14,1ボルト来てますね。多分ターミナルを外してワイヤーブラシで端子を磨けば治るかもとの事。専門用語でサルフェーションというらしいく、電気の流れが悪化、充電しにくくなるなど良いことがないが、ここでまたエンジンを切るとまた掛からないかもしれないので、車屋さんにこのままノンストップで帰りますと言いい本線に合流して200キロの道のりを走ったが今度は突然電圧計がマックス18ボルトを振り出し、チェックゲージのランプが点灯。過充電か。よく見るとヘッドアップディスプレーの電圧は14,5ボルト、カーナビの電圧をみると同じく14ボルトと問題ないこのまま80キロ走行で何とか自宅に着く事が出来た。

早速バッテリー端子を外し、紙やすりで磨くと電圧も安定していままでLEDのルームランプがパカパカと点いたり消えたりしていたがしっかりと点灯している。直ったかなと少し様子みてみましょう一応バッテリーをネットで購入しました(来てから交換です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です