バモスポリッシャーを掛ける

アマゾンでリョービのサンダポリッシャーを購入して、

ダッジを掛ける前にバモスでテスト。通勤用なのでかなり汚れているので、コイン洗車機を掛けて、クエン酸とシュアラスターのコンパウンド入りの粘土にてボディーをなぞる。結構すべすべになりますね。
コンパウンドは男モノタロウの高硬度塗膜対応肌調整用極細液状コンパウンド研磨力1200~1500番 価格は2090円と
高硬度塗膜対応研磨/仕上用超微粒子液状コンパウンド研磨力2000番 価格1890円

バフはアストロにて購入

バモスには超微粒子は必要なかった?僕にはわからないが1200~1500ではバモスを一皮めくるのに時間がかかったので、ダッジの天井は1000番でと今日またモノタロウにオーダーをいれた 3Mスーパーデューティラビングコンパウンドが1000番を1リッターで1990円と格安次週のダッジ天井用。
ポリッシャーを掛けたバモスがこれだボンネット右側が磨いた方で、ウインドウォッシャーノズル周りは綺麗に磨けなかった。1000番が必要かなしかし、ツルツルになっているのがこの角度から分かるね

天井はかなり汚れていて今回はやめました。1000番きてからですね。このバモスの色だと磨けているのかいないのか分かりずらいですですが、天井を除いたほかの部分は全て施工して2時間くらいで完了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です