パーツを交換

アメリカから届いた部品の一部、スライドドアのスイッチ(開けると照明がつくようにするドアサイドに付いているスイッチの事) ファンベルト、テンショナー、プーリーを交換した。 まずは ①スライドドアのスイッチを交換。ピラーに付いているスイッチ本体をナットを外して中から取り出す ■見てわかる思いますがスイッチの頭(プラッスチック)が無く棒のみとなり通常ならプラスチックでできた頭がドアサイドに当たり 押されてルームランプやステップライトが消える仕組みであるが、頭がないので棒自体が当たる。そうするとブレーキやボディのきしみで 棒とボディが擦れてギコギコいっているので耳ざわりで交換をとアメリカからSTANDARDと言うメーカーのを購入。よく見ると長さが・






































結局サイズ違いで取り付け不可能。今回はスイッチを外して耳ざわりの音だけ無くした。 次に ②ベルトはサファリ購入して(1998年に購入)3回目の交換、テンショナーは2回目、プーリーは初めてである。 まずエアフロやエアクリーナー、シェラードの上部を外して(この時外しずらい。ラジエターのコアを






















傷つけないように)  テンショナー本体に3/8ラチェットの頭が入る穴があるのでそこに挿して時計と反対方向に回すとベルトが






















緩むのでベルトを 外す。それからプーリーセンターにあるボルトを外す  ■取り付けられていた左側プーリーと右側今回のプーリー   至って作業は簡単。 次にテンショナーですが、これもテンショナーのセンターに付いているボルトを外して取り外す。 
































































ベルトもパリパリ

















テンショナーを取付

















プーリー取付

















今回ラジエターキャップも購入圧抜き付

















ベルトの品番


SERVICE ENGINE SOON

この前燃料を満タンにして高速道路に乗って加速した時にSERVICE ENGINE SOON が点灯。 何も変化無さそうなのでそのまま200キロ近く走行。最近燃料を安いセルフスタンドに変えた以外いつも 通り。とりあえず今回のみバッテリー端子を外してリセット。 何週間が過ぎて嫁が運転中にSERVICE ENGINE SOON が点灯した。今回は購入した所で診断してもらったら、 エンジン故障診断PコードがP0101 とエアフロが不良と診断された。その時点で診断機でリセットしてもらい帰りの道中また SERVICE ENGINE SOON が点灯。次の日嫁が乗ったら点灯が消えた。とにかく走行中止まってもらっても困るので ヤフオクで中古のエアフロを落札しておいて、ホームセンターで 呉工業の「エアフロクリーン」とやらが売っていたので購入(900円位)、エアフロ専用で売ってるなんて意外とトラブルの方が多いのかな まずは今日試してみます。 






















エアークリーナーのフタを外してエアフロを外す(-ドライバー1本あればオーケー) 






















取外されたエアフロエアクリ側 






















インマニ側






















何回かエアフロを外し事があるがハチの巣を小さくした穴がいっぱいありデリケートな所 では有るが汚れを感じた事がないし、今回でも多少黒ずんでいるくらいで、やはりデリケートなセンサー なんでチョットした汚れで空気の量が分らなくなるものなのか。ちなみに僕のサファリのエアークリーナーは K&Nです。せっかく買ったので使ってみます。 説明書に10センチから15センチ離してスプレーする






















スプレーしている状態では、無臭である。アルコール分が弱く勢いの弱いパーツクリーナーって感じ。 安いパーツクリーナーで良かったのか?乾燥したので取り付けて完了 エンジン始動。いつもと変化無し。 呉工業のエアフロクリーンにはアイドリングが安定、エンジンレスポンスが向上と記されてるが、 体感出来るものではなかったが今のところ、「SERVICE ENGINE SOON」は点灯していないし様子を見るしかない。 次回点灯した時はヤフオクで購入したエアフロを取り付けて見ます。  

オートマオイル交換

オートマオイルの交換をしました。
電動式オイルチェンジャーでオイルパンのオイルを抜き新しいオートマオイルシェブロン製
DM-3を入れる。(抜くときも新しいオイルを入れる時もゲージを入れるところからです)
エンジンをかけてオートマチェンジレバーを1、2、3、D、Rとレンジを変えていく
エンジンを止めてまたオイルを抜く

抜いたオイル(汚い)

抜いて入れての繰り返し

抜いた分だけ入れるゴミが絶対に入らないようにする

面倒な事がないので定期的に交換したほうがいいね。
チェンジがスムーズに入り少しアクセル踏んだだけでいままで以上に走ってくれる

VANLIFE・GOURMET site