シボレーc20バルブスプリング折れ

今回友達の1960年モデルのシボレーC20が、高速走行中にバルブスプリングが折れて走行不能となり、タペットカバーを外すと5番エキゾースト側のバルブスプリングはバラバラ、でバルブがピストンとヒットして曲がっている感じです。

下の画像を見るとロッカーアームが横向いてスプリングがバラバラなのが良く分かります。

こんな感じでバラバラです

ヘッドを外してみるとこんな感じ右から2番目

バルブは見た目はわからないが曲がっている

まずはどの部品を交換するかを検討中で、アメリカの部品屋さんにも単品で購入できるかを確認中ですですが、まずはこのエンジンがどんなエンジンなのかを調べた。エンジンブロックの後ろ側ミッションとブロックが繋がっているブロックにキャスティングナンバーが刻印されてました。

キャスティングナンバー:14093638

350 Small Block V8 1978-1995

1986-1987 TRUCK

1987 CAMARO

ヘッド刻印:333882

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です